包むの日

昨日2月26日は『包む(ラッピング)の日』でした。


『2・2・6』を『ツー・ツー・ム』と読んで語呂合わせ。


まだ世間ではそれほど認知度が高いわけでも、盛り上がりを見せているわけでもなく、おまけに新型コロナの影響で、感染防止や自粛生活などで、イベントをするのも容易ではなかったので、とくに予定はなかったのですが、


でもやはり、ラッピングに携わる者としては、ウズウズソワソワ。


『包むの日』に包まなくてどうするの?!


で、包みました。


普通に包んでも面白くないので、ちょっぴり頭を使いました。

イメージが形になるように。


でもちょっと待った。


講習を受けていた時から薄々気づいていたけれど、ラッピングって意外と理系の脳を使うんだった。


展開図を想像したり、

包装紙の柄の活かす紙の取り方や

できるだけシンプルになるような手順や折り方。


はい、苦手です。


おまけに自粛生活続きで刺激が少く緩んだ頭には、さらにハードルが高いです。


技術もまだまだ追いつきません。


それでも、少しずつ思い描いたイメージに近づきつつ、


逆に形にできるようなイメージを思い描くことができるようになっていく。


そんな途上を楽しめるラッピングは、やはり奥深く、楽しいなぁ、としみじみ。


で、ひとまず完成。


縦横に取ったタックデザインがポイントのラッピング。


デザインを邪魔しないように、かつ春らしさも添えたリボン。


しっかり『包むの日』を楽しんだのでした。





3件のコメント