わたし、失敗しますので

わたし、失敗いたします。

結構…かなり不器用です。


先日買い物に行った時、

お買い得になっていた美味しそうな苺を見て、


突如、大好きな苺大福を自分で作ってみよう!と思い立ち、

レシピを検索しながらチャレンジしました。


うきうきわくわく、

完成した苺大福を思い浮かべながら作業していたのですが、


途中で思い出しました。

あ、お餅丸めるの苦手だった…


時すでに遅し。


その時にはすでに手のひらにお餅が張り付いてどうにもならない状態に。


しかも、どうにかこうにか苺と餡を包んだ大福は、

閉じる向きを間違え、

どう見てもジャンボサイズのシュウマイ…


味は美味しかったのですよ、材料に間違いはないので。


作ったこともないのに、イメージ先行でやってしまいました。



ラッピング教室を開いているのにこんなことを言うのも何なのですが、

わたし、失敗いたします。

結構…かなり不器用です。


憧れ・理想は、

滑らかな指の動きでどんな物でもささっと包めること。


でも現実は、

肩や指に力が入り、1回きりの現場では焦りと迷いが常にスタンバイ。


本番には弱いタイプです。



だから、だからこそ、


少しでもリラックスして包めるように、

少しでもわかりやすくレッスンできるように、


失敗したり、納得のいかない練習を重ねて、準備します。


どうしたらスムーズに包めるだろう。

どうしたらバランスよくコーディネートできるだろう。

わたしが苦手なところは生徒さんも苦手かもしれない。


そんなことを考えながら、試行錯誤を繰り返します。



もし、不器用だからラッピングはできない、

と思っている方がいらっしゃるなら、


それはまだ基礎を知らないからかもしれません。


諦める前に、ぜひレッスンに来てください。

自称不器用さん、大歓迎です!



先述の大福。


今度は余っていた餡を生チョコ餡にして、

生チョコ大福にチャレンジしました。


前回の失敗から、幾つか準備を加えておいて、

さあ、いざ!


見事に美味しい大福が出来上がりました。


失敗は成功の前段階。

うん。

きっとそう。


そういえば大福も

お餅で餡を包むラッピングでしたね。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

少しずつ